愛媛でいちばん広い大学 いよココロザシ大学

とり

学生手帳にログイン

プライバシーポリシー

お問い合わせ

Q&A

いよココロザシ大学って

参加する

授業・レポート

いよのキャンパス

コラボ授業

詳細



島の青空サラダ
開催日: 11月18日10時45分
  • 受付期間: 10月26日 20時 〜  11月15日 13時
  • 抽選日: 11月15日
  • 定員:8名
  • 参加対象:興居島に興味ある方。島のドレッシングに興味ある方。
  • 授業料:実費(1500円/人)
  • 関連リンク1:興居島十七夜・アートな提灯(泊編)
  • 関連リンク2:しまを鳴らす!ドラムのわ
  • 関連リンク3:島の調味料
  • 準備物:・エプロン(必要と思われる方)
    ・参加費(1500円/人)*大人子供同額、小学生以下無料
    ・筆記用具
    ・飲み物(水筒*必要と思う方)
  • *記録、広報用に写真や映像での撮影を授業中に行います。予めご了承ください。
    *本授業は現地解散(しまのテーブルごごしま)となります。
    *台風など荒天時でフェリーが欠航する場合は授業を事前に中止する旨を流します。
    *授業確定メール後にキャンセルの方は「授業料」をいただく可能性がありますので、予めご了承ください。
    *参加費は1500円/人+フェリー代(240円)です。

松山高浜港の対岸に見える興居島、フェリーで約10分で泊港に着きます。泊港から歩いて2分、フェリーからも見える建物が「旧泊小学校(2009年閉校)」です。旧泊小学校を拠点に活動しているのが「しまのテーブルごごしま」、代表は藤内宏次郎さん。実は2014年、2015年に授業でお世話になりました。

今回は【愛顔の食卓】でしまのテーブルごごしまが作った「ドレッシング(興居島みかんドレッシング、ブラッドビーツドレッシング)」を販売することになり、ドレッシングの味を最大限に引き出すために興居島で【調理実習&盛り付け実習】授業を行います。

授業では、昼食を目指し目の前に並んだサラダを自分なりに盛り付け、お好きなドレッシングで食しながら野菜のこと、興居島のこと、人々のこと、ドレッシングができた背景などを藤内さんから伺います。時間も昼食頃なので「特製カレー」も作りながらになるでしょう!天気が良かったら旧泊小学校の校庭で食べることもできます。参加費は1500円/人+フェリー代(240円)です。
*授業終了後、同じ興居島内で13時から「ごごにゃんファーム」での授業があります。

【授業の流れ】
10:25→高浜港から泊港へ
10:45→授業スタート、自己紹介、しまのテーブルごごしま紹介、授業内容紹介
11:20→調理実習開始(ドレッシングについてなど)
11:50→島のサラダ、特製カレーなど昼食、交流
12:50→解散

この授業の開催は終了しました。

コーディネーター:いよココロザシ大学
「誰でも先生、誰でも生徒、どこでもキャンパス」を掲げ、個人や企業、NPOが持つ知識や技術、経験などの価値を「授業化」し、学び合える仕組みを構築。 授業を教えてくれる市民先生は300人以上、2,000名以上の市民が「学生登録」し、500以上の授業にのべ30,000名以上が参加しています。

今回の教室:しまのテーブルごごしま(旧泊小学校:興居島)
住所:愛媛県松山市泊町618番
TEL:
行き方アクセス:高浜駅から泊港行きフェリーに乗船。到着後、徒歩2分。
2009年に廃校となった旧・泊小学校を活用した「しまのテーブル ごごしま」は、2013年夏にオープンしたカフェを中心に、アートや音楽などイベントによる交流、興居島の産品開発といった活動を通じて、ひとりでも多くの方々へ輪を広げ、楽しく学び/体感できる場となるよう運営を行っています。 また、しまのテーブルの基本理念である「しまの自然・しまの文化・しまの暮らしを学び、しまの未来を育む」を活かした、ワークショップや展覧会などを開催し、関連したアーティストの作品、グッズ、島の特産品などの販売も行うことで、興居島の新しい魅力の発信に繋がればと考えています。 みんなが楽しくふれあうこと、また語らうことのできる場として、ここから生まれる出会いや活動が、新たな島の豊かさにつながることを目指しています。