愛媛でいちばん広い大学 いよココロザシ大学

とり

学生手帳にログイン

プライバシーポリシー

お問い合わせ

Q&A

いよココロザシ大学って

参加する

授業・レポート

いよのキャンパス

コラボ授業

詳細

受講レポート

2日間連続で開催された「自由研究は興居島におまかせ」の最終授業でした。この授業のためだけに興居島まで来られた参加者もいる程、今回の授業テーマは興味深い授業でした。

授業の冒頭、1995年、当時世界銀行副総裁であったイスマル・セラゲルディン氏の発言である
「20世紀の戦争が石油をめぐって戦われたとすれば、21世紀は水をめぐる争いの世紀になるだろう」という、言葉が紹介されました。普段、当たり前のように水を使い、水に対する感謝を忘れがちですが、水が無限に存在し、誰にでも平等にあるものではないと再認識させられした。

続いて、一年間の降水量について学びました。日本の降水量は、1718mm。日本の降水量は、日本人男性の身長くらいと覚え方を教わりました。大まかな目安として記憶しやすいですね。そして、世界の降水量は、880mm。世界の降水量と比べて、一見日本の降水量が多く、日本人には潤沢に水資源が存在するように感じますが、日本の地形は、平野部が小さく急勾配が多いので、河川が短い。降った雨が海にそのまま流れる量が多い。そして、国土も狭いため、人口一人当たりに占める降水量は決して多くないそうです。そして、更に身近な「松山の降水量は?」との質問に、日本の平均より多い?少ない?と悩みましたが、答えは、「1315mm」。日本の平均より遥かに少なかったです。やはり、瀬戸内の穏やかな環境のためかなと妙に納得しました。

他にも、地球上に存在する水のうち、海水の占める割合は、97.5%、淡水の割合は、2.5%。しかし、その多くは北極、南極の氷で、実際に使用可能な淡水は、地下水や河川、湖沼などに存在する地球上の0.08%の水しか飲む事ができない。など水は貴重であるということを十分に学ぶことができました。

水を飲めるようにする方法は、ろ過、蒸留、煮沸などがあることを学びました。そして、蒸留実験を通して、海水から淡水を取り出すことを中庭に移動し行いました。海水の入ったヤカンを火にかけ、ヤカンの口に耐熱コップをセットし、外気に冷まされた水蒸気が、水滴になりそれを集めました。一滴一滴、なかなか貯めるには時間がかかりましたが、貴重な飲める水のありがたさを感じる授業でした。
【授業レポート:Y】



 

【しまのわ分校15時間目】自分で創りだす命の水
開催日:2014年7月27日16時0分
  • 企業名:しまのテーブルごごしま
  • 受付期間:2014年7月4日 13時 〜 2014年7月25日 12時
  • 定員:20名
  • 参加対象:小学生以上。
  • 授業料:無料 
  • 関連リンク1:しまのテーブルごごしま
  • *この授業は、実験を行いますので汚れてもいい服装でご参加ください。
    *記録、広報用に写真や映像での撮影を授業中に行います。予めご了承ください。
    *ご家族などグループでお申し込みの方は同行者の氏名、性別、年齢をask1455634@gmail.comまでお知らせください。

しまのわ分校集中授業「大人も学べる!自由研究は興居島におまかせ!」
夏休みの大きな宿題の1つが自由研究。そんな自由研究を島でやってしまおうという企画です。いよココロザシ大学の授業に参加することで夏休みの自由研究が一歩進みます。小中学生だけでなく、大人も楽しく学べるようになっていますので、親子はもちろん、大人もご参加ください!

【しまのわ分校15時間目】自分で創りだす命の水
災害が発生した時、飲める水を創りだす工夫を学びます。島にとって豊富な水源である海水を使い真水にする他、身体への吸収率を高める工夫を身の回りにあるものから作ります。

【授業の流れ】
 

この授業の開催は終了しました。

コーディネーター:山本康弘
八幡浜生まれの松山育ちの愛媛っ子。大学卒業後、3年半、今治の水産会社で働き、瀬戸内の魚が大好きになりました。魚に合う日本酒も大好きです。愛媛の農業・漁業と地域の活性化のため勉強中です。現在は、「学び」と「つながり」を育む”シェアハウス”を松山につくっています。

今回の教室:旧泊小学校(興居島)
住所:愛媛県松山市泊町618番
TEL:
行き方アクセス:高浜駅から泊港行きフェリーに乗船。到着後、徒歩3分。